iPhone 基礎知識

2017年をもって10周年となったiPhone。これまでにさまざまな機種が誕生しました。ここでは、iPhoneのシリーズについてまとめます。まず初代は2007年に発売されたモデル。こちらはクワッドバンドGSM端末のため、GMSを採用していない日本では使えませんでした。そのため、日本では発売されませんでした。 次いで、2008年にはiPhone3Gが発売。日本においてはこの機種が初代となります。2007年にアメリカで発売された機種との違いは、バッテリーが長持ちすること、GPSを搭載していることなどです。グーグルマップと連動できるようにもなりました。さらに、2009年にはiPhone3GSが誕生。この機種は処理性能が2倍速くなったほか、バッテリー寿命もさらに長くなりました。また、ビデオ撮影、3メガピクセルのオートフォーカスカメラ、音声コントロール、デジタルコンパスなど、さまざまな機能が加わりました。

2010年にはiPhone4が発売されました。バッテリー性能がさらに向上し、3軸ジャイロスコープという端末の回転速度を計る機能が新たに加わりました。また、解像度が4倍良くなり、二つのカメラを搭載、ビデオ通話機能、HDビデオ撮影が可能となりました。2011年にはiPhone4Sが登場。この機種から音声アシスタント「Siri」が使えるようになりました。2012年にはiPhone5が発売開始。こちらは少し縦長になったものの、ずいぶん軽くなりました。

2013年にはiPhone5sが発表されました。こちらは指紋認証機能を搭載。同時に廉価版であるiPhone5cも誕生しました。フラットなデザインが特徴。2014年にはiPhone6が発表されました。液晶が大きくなり、見やすくなりました。こちらと同時にiPhone6plusも発売を開始しました。タブレットとの中間に当たるような大きさが特徴。2015年にはiPhone6sが発売開始。この機種に関しては特別大きな変化はありませんが、あえて言うなら第二世代指紋認証、新色ローズゴールドが追加されました。2016年にはiPhoneSE、iPhone7が発表されました。 iPhone初代から数えると、機種もかなり増えました。機能と共にデザインも参考にしつつ、お気に入りの機種を見つけましょう。

img_010